アロマテラピーとは

アロマオイルの小瓶 アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、ラベンダー・ペパーミント・ローズなどの芳香植物(ハーブ)の香りの成分である「精油」を用いて、人間が本来持っている自然治癒力を高め、心と体を健やかに保つ自然療法です。

アロマテラピーは心と体を互いに作用し合っているという考え方がベースになっており、精油の心地よい香りが直接脳を刺激し、感情や本能にも強く働きかけ、体の不調とリンクしている心の疲れやストレスも一緒に癒してくれます。ストレスなどにより体の内側に閉じ込められてしまった本来の元気や美しさを引き出します。

 

 準備するものは、”自分の好きな香りの精油”たったそれだけです。

お仕事や日常生活が忙しくて、疲れて何もする気が起きない・・・という方も、

ボーっとテレビを見ながら、お風呂に入りながら、寝ながらでもできる簡単で手軽な気分転換の方法です。

 

精油は合成の香料と違って香りを楽しむだけでなく、植物油で薄めて皮膚に塗布することで体の中に浸透し、心と体のバランスをとってくれる働きももっています。

皮膚から血液中に入り、体の中をめぐって、呼気や汗、老廃物として体外に排出されます。それは精油が合成の香料ではなく、植物から採れた100%天然の素材だからできることです。また、今まで香水や柔軟剤、芳香剤などの合成の香りが苦手だなと思っていた方でも大丈夫!!天然の香り成分は、違和感なく自然に私たちに働きかけてくれます。

たくさんの種類の精油の中から好みの香りを選んで心も体も癒しましょう!

 

皆さんが感じている、頭痛や肩こり、便秘、冷えなど.の不調を、身体の一部分だけの問題とせず、心や身体全体的な問題と見据えて改善していこうというのがアロマテラピーの考え方です。 

誰でも、いい香りをかいだ時、ホッとするような心が解き放たれるような、なんとも言えない心地よい気分を味わったことがあると思います。まずは効果や効能を気にせずに、ご自分が心地よいと感じる香りを見つけて、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?心地よいと感じる香りをかぐことで、気持ちが安らいだり、元気が出たりといったご自分の変化に目を傾けてみてください。そうしているうちに今まで気づかなかった何かに気づくことができるかもしれません。

 

そういった気付きが新たな自分を作っていくきっかけになることでしょう。

 人間と植物は自然界の中で共存しています。そんな植物の力を借りて心と体を元気にしてくれるアロマテラピー。とっても素敵な療法だと思いませんか?

天然の素材で生活を豊かに楽しく

香りの楽しみ方

 

芳香浴

・ティッシュペーパーやハンカチを使って香りを楽しみます。

ティッシュペーパーやハンカチなどに精油を1~2滴しみ込ませて持ち歩いたり、枕元、机に置いて香りを楽しみます。マグカップなどにお湯を入れて精油を2~3滴垂らして楽しむこともできます。

 

アロマポットディフューザー
アロマキャンドル

・アロマポットやアロマライトを使って香りを楽しみます。

アロマポットやアロマライトに精油を1~5滴垂らしてお部屋に香らせます。

<作り方>

50mlのスプレー容器に精油3~10滴、精製水50ml、を入れてよく振り混ぜます。 

リラックス用やリフレッシュ用、キッチンの悪臭防止用など用途に合わせて作ることができます!好きな香りのスプレーが手軽に作れます♪

 

沐浴

・全身浴 (精油5滴以下)

リラックス - ぬるめのお湯(38~40℃程度)で時間をかけてゆっくり入浴します。

元気を出したい時 - 少し熱めのお湯(42℃前後)で短時間で切り上げます。

・半身浴 (精油3滴以下)

みぞおちまでつかる程度のお湯に汗が十分出るまでつかります。

一日の疲れがとれた気分がすっきりします!!

 

・部分浴

手浴 (精油3滴以下) - 洗面器などに熱めのお湯を入れ、両手首まで浸します。

手を温めると、首や肩の緊張がゆるんでリラックスできます。

足浴 (精油3滴以下) - 大きめの洗面器やバケツなどに熱めのお湯をいれて両足を浸します。

足を温めると全身の血行を促します。体調を崩して入浴を控えている時や、足の疲れが気になる時などに最適な方法です!

 

・お気に入りの精油を使って入浴剤を作ると入浴が一段と楽しみに♪

<作り方>

重曹 (お掃除用) 100g  精油20滴以下

重曹と精油を大きめの瓶に入れてよく混ぜ合わせ、大さじ1杯分をお湯に入れてよくかき混ぜてから入浴します。

重曹によって湯冷めしにくくなり、皮膚が活性化され免疫力も強化されます。

 

その他

・お洗濯に使用します。

すすぎの時に精油を1滴入れると、洗濯物がほのかに香ります。

その際には、無色の精油を使用しましょう。(洗濯物に色がつく可能性がある為)

 

・雑巾がけに使用します。

バケツの水に精油を1~2滴入れ、よく混ぜて使用します。

精油の香りに包まれて、お掃除が楽しくなります。

 

・クレンザーが作れます!

<作り方>

重曹 150g  精油25滴以下

重曹と精油を瓶に入れて、よく振って混ぜ合わせます。

普通のクレンザーと同様に使用します。洗剤と混ぜて使用することもできます。

お鍋の頑固なこげつきや油汚れがとっても簡単に落とせます!!

消毒・消臭効果もあります。

 

・ティッシュに垂らしてタンスの中にしのばせると、防虫剤のように使用できます。

 

その他にも、スキンケアやヘアケアなど、様々な方法で精油を活用することができます!

植物からの贈り物である精油を使って、心と体の健康を取り戻してみませんか?